Media Sunshine
ニュース・話題

コロナ脳の意味とは?わかりやすく解説!主婦に多いの?ネットの声まとめ

コロナ脳の意味とは?主婦が多い?ネットの声

新型コロナウィルスの今日ににさられ始めてから約5か月が経とうとしていますね。

コロナ禍だったり外出自粛、自粛警察など、毎日新しい言葉が生まれています。

最近では「コロナ脳」という言葉がはやり出していますが、コロナ脳とは何なのでしょうか?

分かりやすく解説するとともに、ネット上の声を集めてみました!



コロナ脳の意味とは?わかりやすく解説!

ウィルスの画像

コロナ脳とは一体何なのでしょうか?

一見わかりそうでわかりにくいですよね。

分かりやすく端的にまとめると・・・

要は「新型コロナウィルス」に過敏になりすぎてしまっている人のことを指すようです。

コロナ脳とは誰が言い出したの?

コロナ脳という言葉を誰がはじめに言い出したのか?は明確にはわかっていません。

ただ、コロナ脳と真逆の立ち位置にいる代表的な人物の一人が堀江貴文さんです。

堀江貴文の顔画像引用:Twitter

堀江貴文さんはずっと「新型コロナに敏感になりすぎてるやつばバカ」といった主張をし続けています。

表現方法は乱暴といえば乱暴ですが、堀江貴文さんの主張も理解できるものだとは思います。

堀江貴文の新型コロナに対する主張

とはいえ、堀江貴文さんが「コロナ脳」という言葉を使っているわけではないようですね。

どちらかというと、堀江貴文さんのSNSにいわゆる「コロナ脳」の方たちが批判や意見などを書き込んでいる様子について

「コロナ脳の連中が食いついている」

といった投稿が相次いでいるようです。



コロナ脳には主婦が多いの?検証してみた

ネット上では「コロナ脳なのは主婦が多い」といった声がちらほら聞こえますが、本当なのでしょうか?

ネット上の意見を見てみると、結論「必ずしも主婦層がコロナ脳というわけではない」と言えるようです。

コロナ脳は主婦なのか?

コロナ脳=心配しすぎて「自粛」「外出できない」といった思想に縛られているわけですよね。

特に子持ちの主婦層としては「休校が続くことのうんざりしている」という層もいました。

もちろん「外出しなければ安全」という層もいるでしょうが、一概に主婦だからといってコロナ脳だとは言えない
というのが事実のようですね。




コロナ脳についてネットの声まとめ!

こちらもよく読まれています
error: Content is protected !!