Media Sunshine
スポーツ

佐々木朗希(ろうき)震災での父親(功太)の死が壮絶で泣ける!兄・琉希が育ての親?

佐々木朗希,読み方.ろうき.出身.岩手.大震災.被災.父,兄,琉希,負けず嫌い

大船渡高校時代から時速163キロの球を投げることで有名となったロッテの佐々木朗希(ろうき)選手

佐々木朗希,読み方.ろうき.出身.岩手.大震災.被災.父

佐々木朗希選手は2011年の東北大震災で父親の功太(こうた)さんをなくしています。

この記事では佐々木朗希さんの父親・功太さんや家族についてまとめました。



佐々木朗希望,大船渡,高校,甲子園.メジャー,進出,進路,志望,NPB,MLB,日本リーグ,ドラフト,スカウト,海外,国内,球団,震災,岩手県,陸前高田,可能性,投げすぎ,不安要素,肩肘,取材,謙虚,人間性,性格,トレーニング,渡米,
佐々木朗希のメジャー進出の可能性や海外の反応は?不安要素は怪我だけ!(甲子園・ドラフト)高校生ながら時速163kmの豪速球を投げる佐々木朗希(ささきろうき)投手の夏が終わりました。 2019年7月24日に岩手県の甲子園...
佐々木朗希,大船渡,甲子園,出場,できるのか,検証,いつ決まる,2019年,2018年,夏季大会,春季大会,東北,時速163キロ,メジャー,高校野球,令和のスター,注目選手,プロ野球,投手,WBC,オリンピック,日本代表
佐々木朗希が所属する大船渡高校は甲子園に出場できるの?決定するのはいつ? 先日、高校野球界で史上最速の時速163キロという豪速球を記録した、佐々木郎希(ささき・ろうき)選手への注目がますます上がっていま...


佐々木朗希(ろうき)選手は岩手出身で大震災で被災・・

佐々木朗希,読み方.ろうき.出身.岩手.大震災.被災.父,兄,琉希,負けず嫌い,ロッテマリーンズ,ドラフト,プロ選手,インタビュー,社会人,卒業後,引用:日刊スポーツ

佐々木朗希選手は2001年11月3日生まれの18歳(2020年3月現在)で、
岩手県陸前高田市の出身です。

佐々木朗希選手が高田小学3年生の時に東日本大震災が起こり、
避難生活を経て大船渡市に引っ越し、猪川小学校に転校しています。

その後大船渡中から「同じメンバーで甲子園を目指す」ために、
強豪校のスカウトを蹴ってそのまま地元の大船渡高校へ進学。

こちらの地図を見ると大船渡市は陸前高田市の北部で、少し内陸よりにあることがわかります。

残念ながら念願の甲子園出場はかないませんでしたが、ドラフトでロッテに入団しプロ選手人生をスタートさせています。



大の負けず嫌いの佐々木朗希の父親は震災で無念の死・・・

佐々木朗希,読み方.ろうき.出身.岩手.大震災.被災.父

佐々木朗希選手は「大の負けず嫌い」を自ら公表しています。

佐々木は涼しい顔に似合わず「大の負けず嫌い」を公言している。
一時期、携帯の待ち受け画面を横浜(神奈川)の最速152キロ左腕・及川(およかわ)雅貴(2年)に設定していた。
理由は「及川がU15日本代表で、中学から有名だったから」。

会ったこともない相手にメラメラとライバル心を燃やせるのが、佐々木のすごさだ。
及川は今夏(2018年)の甲子園出場を決めている。
(引用:日刊スポーツ

この負けず嫌いは、兄・琉希(りゅうき)さんによって育てられたそうです。

というのも、佐々木朗希選手は東日本大震災で父・功太さんを始め
祖父・功さん、祖母・勝子さんを亡くしてしまいました。。

その時父親・功太さんは37歳という若さだったそうです。

それからは兄の琉希さんが弟・朗希選手の父親代わりとなり、厳しく接するようになりました。

実は兄の琉希さんも弟の朗希さんと同じ大船渡高校の野球部で、4番を背負う程の選手でした。

OBである兄が上下関係やしつけとても厳しかったことで弟・朗希選手の「負けず嫌い」に火をつけたようですね。

(母・陽子さん)「琉希がすごく弟の朗希に厳しく接していました。
その反動で、朗希は常に兄を超えようとしていました。
野球面でも生活面でも、朗希が兄から褒められたことを見たことがないですね。
見ててかわいそうなぐらい朗希は、兄から言われてました。
引用:日刊スポーツ

佐々木朗希,大船渡,甲子園,出場,できるのか,検証,いつ決まる,2019年,2018年,夏季大会,春季大会,東北,時速163キロ,メジャー,高校野球,令和のスター,注目選手,プロ野球,投手,WBC,オリンピック,日本代表
佐々木朗希が所属する大船渡高校は甲子園に出場できるの?決定するのはいつ? 先日、高校野球界で史上最速の時速163キロという豪速球を記録した、佐々木郎希(ささき・ろうき)選手への注目がますます上がっていま...

佐々木朗希が父親・功太について語った内容まとめ

佐々木朗希,読み方.ろうき.出身.岩手.大震災.被災.父,兄,琉希,負けず嫌い,ロッテマリーンズ,ドラフト,プロ選手,インタビュー,社会人,卒業後,

悲しいことではあったんですけれど、すごく今に生きているなと。
当たり前が当たり前じゃないとか、今あるものがいつまでもあるわけじゃないとか、そういうのを思い知らされました。

まず一言目に佐々木朗希選手はこう答えました。

「誰とでもすごく仲良しでみんなに愛されていた」

そんな佐々木朗希選手の父親・功太さんは、明るく太陽のような存在な若きリーダーだったといいます。

佐々木功太さん。もともと、陸前高田では知られた人だった。
元気な3児の優しい父として。
人生の節目に寄り添う仕事をする、人情あふれる働き者として。
夏祭りでは町内会を率先して盛り上げる、太陽のような存在として。
163キロ右腕のことを「あの功太の、3人息子の真ん中の子」と認知する人も多い。(引用:Yahooニュース)

陸前高田の戸羽太市長とさえも、佐々木朗希選手の父親・功太さんとは付き合いが長く、

・有言実行の人
・一緒にやろうという仲間作りが上手な人
・気さくで
・行動力があって
・先輩も後輩も、みんなが付いていって

・・と誉め言葉が尽きないほどの絶賛ぶりです。

本当にみんなに愛されて必要とされる人材を亡くしたのだ、ということがわかりますね・・。

佐々木朗希選手は、未だに震災の爪痕が残る地元、陸前高田に対し、

「地元に恩返しできるように精いっぱいプレーしていきたい」

とコメントを寄せました。

佐々木朗希選手は、故郷への想いや家族を守るという想いがあるからこそ、メジャーへの挑戦は考えていなかったともいわれています。

責任感や故郷や家族えの愛情あふれる佐々木朗希選手は、間違いなく父親・功太さんの血を受け継いでいるようです。



佐々木朗希,大船渡,甲子園,出場,できるのか,検証,いつ決まる,2019年,2018年,夏季大会,春季大会,東北,時速163キロ,メジャー,高校野球,令和のスター,注目選手,プロ野球,投手,WBC,オリンピック,日本代表
佐々木朗希が所属する大船渡高校は甲子園に出場できるの?決定するのはいつ? 先日、高校野球界で史上最速の時速163キロという豪速球を記録した、佐々木郎希(ささき・ろうき)選手への注目がますます上がっていま...


まとめ



大谷翔平選手と同じ岩手県出身の佐々木朗希(ろうき)選手は、

・東日本大震災で父・功太さんを亡くしてしまった
・大の負けず嫌いの性格は兄・琉希さんに厳しく育てられたから

・父親・功太さんは誰からも愛される太陽のような人だった
・「故郷のためにプロ選手として精いっぱいプレイする」

ということでした。

日本野球界の未来を背負う佐々木朗希選手。

怪我には気をつけながら、プロの世界でも活躍して頂きたいですね!



佐々木朗希望,大船渡,高校,甲子園.メジャー,進出,進路,志望,NPB,MLB,日本リーグ,ドラフト,スカウト,海外,国内,球団,震災,岩手県,陸前高田,可能性,投げすぎ,不安要素,肩肘,取材,謙虚,人間性,性格,トレーニング,渡米,
佐々木朗希のメジャー進出の可能性や海外の反応は?不安要素は怪我だけ!(甲子園・ドラフト)高校生ながら時速163kmの豪速球を投げる佐々木朗希(ささきろうき)投手の夏が終わりました。 2019年7月24日に岩手県の甲子園...
佐々木朗希,大船渡,甲子園,出場,できるのか,検証,いつ決まる,2019年,2018年,夏季大会,春季大会,東北,時速163キロ,メジャー,高校野球,令和のスター,注目選手,プロ野球,投手,WBC,オリンピック,日本代表
佐々木朗希が所属する大船渡高校は甲子園に出場できるの?決定するのはいつ? 先日、高校野球界で史上最速の時速163キロという豪速球を記録した、佐々木郎希(ささき・ろうき)選手への注目がますます上がっていま...
こちらもよく読まれています
error: Content is protected !!