Media Sunshine
ニュース・話題

【ノートルダム大聖堂・火災】テロの可能性は?発火原因ははんだごて?(画像・動画)

ノートルダム寺院,大聖堂,火災原因,テロ,出火原因,パリ,歴史,ショック,消火,不可能
ハナ
ハナ
こんにちは、ハナです♪



あのパリの象徴とも言えるノートルダム大聖堂(寺院)が燃えてしまいましたね・・・・


ニュースを見て衝撃だった人もいるのではないでしょうか?


▲ニューイヤーをお祝いするノートルダム大聖堂の投稿


この美しい歴史的建造物がほぼ全焼してしまったとのことで、大事な文化世界遺産が焼失してしまうのは寂しいことですね。。


今回この火災の原因は調査中だと思われますが、テロの可能性もゼロではないと思い、出火原因について調べてみました。




ノートルダム大聖堂・火災発生



今回火災が発生したのは2019年4月15日午後7時(現地時間)ころでした。


通常の閉館時間が午後6:45とのことですので、閉館直後の、まだ明るい時間帯に火災は起きました。

ノートルダム大聖堂(寺院)の火災の様子がわかる画像・動画







パリの中心部に位置することや、観光客始め交通の弁が原因でなかなか消火活動が進まなかったとのことです。




くらい中で火に包まれている建物に消火水がかけられている様子がわかります。



ノートルダム大聖堂火災・発火原因は改修工事?テロの可能性は?



近年フランスを始めヨーロッパでテロが相次いでいることから、この大規模火災もテロの仕業なのではないか?!という声も上がっています。










結論的には、今回の火災はテロではなく、改修工事に伴う人為的事故の可能性が高いようです。


中でも「はんだごて」が有力のようですね。

ノートルダム寺院,大聖堂,火災原因,テロ,出火原因,パリ,歴史,ショック,消火,不可能,はんだごて技術の授業で使ったことのある
はんだごて
引用:Banggood



火災は今現在落ち着いてきているものの、未だ続いているようで明確な発火原因はわかっていませんが、現地での報道から推測すると、先月から始まっていた改修工事に伴う屋根の足場付近から火が出たと言われているようです。

消防当局は、火災は屋根裏から発生し、現在進められている改修工事と「何らかの関係があるだろう」とフランス版ハフィントンポストに語った。
(引用:Business Insider





消火不可能の理由は?



火災発生から数時間経った今でも鎮火していないとのことですが、消火は不可能と言われていたようです。

仏内務省は、パリのノートルダム大聖堂で起きた火災は鎮火できない恐れもぬぐえないと発表した。大聖堂ではすでに尖塔と屋根が焼け落ちており、火の手はますます広がり続けている。
(引用:Sputnik



その理由としては

 ・中心部に位置するノートルダム大聖堂は消防車からの放水で消火できる範囲は限られている
 ・フランス南部には山火事などように空から消火できる飛行機はあるが、600マイル離れているパリまで飛ばすことは無理



とのことでした。

ハナ
ハナ
燃え尽きて鎮火するのを待つしかないのですね・・・
大事な歴史的建造物が・・・
私も焼失するまえに行ってみたかったです。。


ネットでの世間の声

















まとめ



あまりにも有名なパリの象徴であるノートルダム大聖堂の火災。


行ったことがある人もない人も、なんだかショックですよね。


残念ながら全焼のようです。


今後再建・復元はされるのか、それにかかる費用なども気になりますね。


ひとまず今はけが人などが出なかったことを幸いとし、今後の動向を見守りたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました!

こちらもよく読まれています
error: Content is protected !!