Media Sunshine
カナダ生活

カナダで歯医者に行ってみた!治療費用や保険は?詳細を公開!(ワーホリ)

カナダ,歯医者,歯科治療,費用,保険,ワーホリ,明細
ハナ
ハナ
こんにちは、ハナです♪



先日、ハナの滞在先であるカナダの地元歯医者へ行ってきました!


特に痛みがあるなどの緊急な事態だったわけではないんですが
職場のベネフィット(日本で言う福利厚生)に歯科治療もカバーされているため


せっかくなのでチェックアップ(口腔内のコンディションをチェックする)と
クリーニングをしてもらいました。


今回はその時の
歯科治療の流れや治療費用・保険などの詳細について
リポートしたいと思います!

カナダの歯医者で実際にかかった費用は?



と、その前に先に結論を公表しちゃいます。


今回私が支払った歯科治療費用


73.04カナダドル


でした。保険で8割はカバーされたため、この金額は全治療費の20%分の金額になります。


詳しい詳細などについては後半の方で説明していますので、読んでみて頂けたら嬉しいです^^

カナダの歯医者へ行くまで



カナダ,歯医者,歯科治療,費用,保険,ワーホリ,明細


まずは歯医者探しから始まりました。


比較的近くに歯医者があったのですが、さすが日本ほどレビューや評価などがネットで
調べられる程進んでいません。笑


幸い、知り合いが同じ歯医者に行っており評判が良さそうだったので
予約の電話を入れました。


電話では

 ・カナダで初めての歯医者受診であること
 ・ベネフィットが歯科治療もカバーされているはずであること
  (ここが一番不安だったので確認したかった・・




を伝え、日時を仮予約しました。


仮予約というのは3日前に確認の電話をするので、そこで予約確定となる
とのことでした


3日前の確認電話は、おそらく事前に予約だけして当日の無断キャンセルや、予定を忘れてしまうことなどを未然に防ぐためかな?
と思いました。なんだか日本よりも徹底していますね!





カナダの歯医者治療の当日の流れ



カナダ,歯医者,歯科治療,費用,保険,ワーホリ,明細


予約日当日は初診の場合は事前に記入する書類(問診票)があるからということで
早めに歯医者へ
向かいました。


(と思ったら30分時間を間違えて早く行き過ぎてしまったのですが・・・^^;)


待合室も受付もびっくりするほど綺麗で、居心地がよかったです。


また、問診票は日本のものとさほど変わりませんでした。


主に“事前に伝えておきたい健康状態”や“服薬している薬があるかどうか”、
“妊娠中かどうか”・・・などの内容です。

カナダの歯医者での治療の流れ



時間になると可愛いおネエさん(といっても同じ年代・・笑)
が迎え入れてくれました。


全体の流れは以下のような流れです。



①簡単なチェックアップ


②レントゲン撮影


③クリーニング(歯垢除去)


④ポリッシュ(歯の表面の艶だし?)


⑤歯科医師によるチェックと診断


⑥お会計



時間は約1時間半ほどで、基本的に予約制だからか
特に混雑することもなく、とてもスムーズにことが進み快適でした。

①簡単なチェックアップ



まずオネエさん(確か名前はマデレイン)の自己紹介と簡単な
雑談を交え、診察台へ。


ちなみに診察室?は両側に壁はあるものの、ドアはなく通路との
仕切りはありませんでした。
大して気にはなりませんでしたが!

ハナ
ハナ
日本の歯医者さんや病院はこじんまりとした部屋で治療を受けることが普通だと思ったので、ずいぶん開放的だなぁと思いました。


②レントゲン撮影



マデレインに、簡単に口の中をチェックしてもらったら、
診察台に乗ったままレントゲン撮影をしました。


日本ではレントゲン室に連れて行かれて撮影するので、診察台に座ったまま
レントゲンが撮れるなんてなんだか先進的!!と思いました。


そのレントゲン撮影の機械がこちら。


ちなみにレントゲン撮影は2年に1度のみするそうです!

カナダ,歯医者,治療,費用,保険,バンクーバー,ワーホリ,リポート診察台に乗ったまま撮影ができるレントゲンのマシン



このアームが自由自在に動き、人それぞれの顔の位置まで伸びてきて撮影を可能にします。

③クリーニング(歯垢除去)



レントゲン撮影が終わると、そのままマデレインちゃんがクリーニングを
してくれるとのこと。


診察台が倒れて寝そべる状態になった時に、びっくりしたことが!!!






なんと、真上にテレビが・・・!!!




カナダ,歯医者,治療,費用,保険,バンクーバー,ワーホリ,リポート


思わず、「テレビがある!!すごい、日本ではみたことないよ」といったら、


「これで少しは気がまぎれるでしょ?^^」と。


なんだかお客さん目線な歯医者さんで、好感を持ちました♪


さらにクリーニングもとっても丁寧で、
日本では結構ガシガシやられるイメージだったので、今回は非常に良かったです。


(とはいえ、歯石除去してくれている時とかはやっぱり多少、歯茎に痛みを感じることも
ありましたが・・・それは日本も一緒ですね)




一点、日本にあってカナダになかったものが。




それがこちら。



カナダ,歯医者,治療,費用,保険,バンクーバー,ワーホリ,リポート日本の歯医者にあってカナダの歯医者にないもの!



「口をすすぐ水道(?)!」


日本に歯医者さんの診察台には、必ずといっていいほどありますよね?


あれが、カナダの歯医者さんにはありませんでした。


基本的に治療中は苦しくないように、気を使ってこまめに唾液の吸引なども
してくれるんですが、合間に口をすすぎたいなと何度か思いました。


あの設備は日本独特のものなのかもしれませんね!





日本の歯科治療は、国民皆保険の制度により基本的に
費用がカバーがされるため、比較的安く治療が受けられますが
その分保険でカバーできる内容に限界があったり、一度に治療
できる時間に上限があったり
などで、治療が丁寧さに欠けたり
どうしてもクオリティが下がってしまうことがあるそうです。


その点カナダは「治療」という枠にとどまらず、「サービスの提供」
という概念が根底にあるように感じました。



④ポリッシュ(歯の表面を磨く)



クリーニングが終わったら、ペースト状の何か(研磨剤か何か?)を歯の表面を
艶磨きのようなツールで磨いてくれました。


心の中でちょっと白くなってくれたら良いな〜なんて思いながら身を任せていました。

⑤歯科医師による診察と診断



④まではマデレインがやってくれましたが、彼女は歯科助手なのでしょう。


マデレインから1分間これで口をゆすいでね!と言われ渡された(塩水みたいな味の)
緑色の液体(フッ素トリートメント・リンス)を口のなかでくちゅくちゅしていると


「今から先生を呼んできますね!」


といってマデレインが部屋を去り、少し経つと


チェックのシャツにジーパンというラフな格好の歯科医師の先生


を連れて戻ってきました。(とはいえ、清潔感はマックス!)


握手と自己紹介の時に真っ先に目がいった場所。





それは、「歯!!!」




それはそれはなんとも、さすが「私が証明よ!」かの如く


真っ白で歯並び完璧(に見える)先生の歯を見て


「うわっキレ〜〜さすが。」


と心の中でつぶやきました。


そんな先生にレントゲン写真とお口の中をチェックしてもらい、


「うん、しっかりクリーニングもできて、文句なしだね!
特に虫歯もないですよ!」
と、お墨付きをいただきました。


先生によるチェック&診断はものの5分で終了。

⑥お会計



カナダ,歯医者,歯科治療,費用,保険,ワーホリ,明細


先生が部屋を去ったあと、荷物をまとめて受付へ向かいすぐにお会計を済ませました。


先でも述べたように


今回の私の支払いは$73.04でした。



カナダの歯医者での治療費や保険について(明細あり!)



今回私の治療費は73.04カナダドル(日本円で約6000円くらい)。


明細はこちら。

カナダ,歯医者,治療,費用,保険,バンクーバー,ワーホリ,リポート今回歯科治療でかかった費用の明細


カナダの歯医者の治療費明細



今回の治療費の詳細はこんな感じでした。



 ・ポリッシング  ・・ 38.30ドル
 ・歯垢除去  ・・ 91+22.80ドル
 ・フッ素トリートメント・リンス  ・・ 10.60ドル
 ・口腔内検査(診察)  ・・ 100ドル
 ・レントゲン撮影  ・・ 36.70+65.80ドル


合計 365.20ドル
 → デンタル保険により20%のみ負担 
 = 73.04ドル ← 私が支払った金額




こうやってみると、保険さえ適用されれば、馬鹿高くなることはないなと思いました。


ちなみに以前私が日本で抜歯してもらった時には合計8000円近く払った覚えがあります。


(もしカナダで抜歯したらもっとかかるか。。^^;)

カナダの歯科治療の保険について



カナダ,歯医者,歯科治療,費用,保険,ワーホリ,明細


カナダでは定期的(9ヶ月毎)にお口の中のチェックアップを
することが浸透しています。



そんな時に歯科治療費のカバーがされている保険に入っているかどうか
とても重要になってきます。


今回私は、今勤めている職場の福利厚生でカナダ人と同じように歯科治療の
80%がカバーされました
が、ワーキングホリデイでカナダに住んでいる場合は、
ベネフィット(福利厚生)を受けることはそう簡単ではないかもしれませんね。


そういう場合は、ワーキングホリデイの人に向けた海外保険もありますので、


いざという時にのために歯科治療までカバーされているかどうかをしっかり確認した上で
保険に入るることをお勧めします^^


まとめ



今回はカナダで初めて実際に歯医者さんへ行った経験を、画像を交えながら流れに沿ってまとめてみました。


治療費は20%負担で73.04カナダドルでした!


待合室や治療室のエリアにレントゲン撮影の機材やTV付き診察台など、とても先進的で心地よく治療を受けることができました。


もちろん、かずある歯医者さんの中で良し悪しはあるかと思いますが
治療費や明細、加入する保険選びなどで参考にして頂けたらと思います^^




最後までお読みいただきありがとうございました!




 

この記事を書いてる人
ハナ(Hanna)
こんにちは!好奇心のカタマリ・ハナです。 特にスポーツ、政治経済、国際問題に興味があります。 わかりやすいリポート、頑張ります!
\ Follow me /