Media Sunshine
Sponsored
ニュース

【海老蔵の息子】長男勸玄くんとのダブル襲名公演について!本名は?



こんにちは、ハナです♪


先日、大人気歌舞伎役者の市川海老蔵さんが息子の勸玄くんと一緒に襲名することを発表し、話題になっていますね!


市川海老蔵さんはアメブロランキングでぶっちぎり1位を獲得したり、元人気キャスターでタレントだった奥様の故・麻央さんをガンで亡くされたことでも世間で知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。


今回はその海老蔵さんの長男勸玄くんも父と同時に襲名したということで、襲名公演などについて調べてみました!

海老蔵の長男勸玄くん



今回、父の海老蔵は十三代目市川團十郎白猿を襲名し、同時に長男の勸玄くんが八代目市川新之助を名乗ることになりました。


長男の還元くんは平成27(2015)年11月歌舞伎座『江戸花成田面影』で初お目見得以降、19年1月の新橋演舞場までにすでに4度本興行に出演しており、7歳での初舞台になります。


そして團十郎襲名の公演で初舞台を踏むのは父・海老蔵さんと同じだそうですよ。


「遊ぶのより稽古が好き」ということですから、まさに歌舞伎役者になるべく生まれてきた人物なのですね!


そしてあのカッコ良い父の背中に強く憧れているのがわかります^^

海老蔵の長男勸玄くんとのダブル襲名公演について



19年1月現在行われている『初春歌舞伎』は、チケット売り出しとほぼ同時に完売しているようですが、海老蔵さん始め一緒に出演する息子の勸玄くんや愛娘の麗禾(れいか)ちゃんの存在が大きいと言われています。


私個人的にも海老蔵さんの公演を一度でいいからみてみたいと思い過去に何度か調べたことがありましたが、ことごとく完売でした。


ファンでさえもチケット取得が難しいようですから、その人気度は計り知れませんね。

「先代が行った『團十郎襲名興行』は30億円ともいわれるお金が動きましたが、今回の襲名では100億円のお金が動きますよ。その大きな要因のひとつが勸玄くん。彼はもうスターですよ。

 出て来ただけで輝きがあり、微笑むだけで温かい空気が流れますからね。もしかすると、今回の襲名興行は、新之助のほうに注目が集まってしまうかもしれません。海老蔵さん自身も勸玄くんの人気には舌を巻いているんじゃないですか」(歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏)ーーYahooニュース


気になるお二人の襲名公演/長男勸玄くんの初舞台は2020年5月から3ヶ月間の歌舞伎座で行われるそうです。


詳しい演目の発表はまだされていませんが、歌舞伎座での襲名興行は7月20日に終わる予定だそうです。


これは7月24日に行われるオリンピック開会式に海老蔵さんが出演することはほぼ確定しているからだと言われています。

「(20年東京オリンピックの)総合演出に狂言師の野村萬斎さんが就任しましたが、それは2人の特別ゲストを出演させるためといわれています。ひとりは同じ古典芸能の市川團十郎さん。そしてもうひとりが、萬斎さんが演じた『陰陽師』を舞って、2大会連続金メダリストとなった羽生結弦選手なんです。開会式の目玉はこの2人の共演となるでしょうね」(スポーツ紙記者)ーーYahooニュース



日本の代表的文化である歌舞伎の中で最も人気といっても過言でない海老蔵さんと国民のヒーローでありアイドル的存在である羽生選手の共演だなんて、今からとっても楽しみで仕方ありませんね!


本名は?



最後にお二人の気になる本名について調べてみました。


海老蔵さんは堀越寶世(ほりこしたかとし)、勸玄くんは堀越勸玄(ほりこしかんげん)とのことで、有名な勸玄くんの「勸玄」という名前は珍しいですが、歌舞伎役者らしいカッコ良い名前で、本名だったのですね!


ちなみに海老蔵さんは旧名は孝俊で同じ読みの「たかとし」から改名されたようですよ。


画数など?で色々と改名する意味があったのでしょう!



辛い経験をしているからこそ、強くあろうと凛々しくたくましい海老蔵さんの息子勸玄くんのこれからの活躍が益々楽しみです!

[Ad]