Media Sunshine
Sponsored
ニュース

【地図】ホルムズ海峡の場所はどこ?タンカー攻撃を受けたのは日本の国華(こくか)産業!

ホルムズ海峡,地図,どこ,場所,どこの国,戦争,閉鎖,日本,自衛隊,海賊,タンカー攻撃,イラン,アメリカ,トランプ,国華産業,オマーン,ドバイ,石油,ポンペイオ国務長官,ハメネイ師,

こんにちは、ハナです♪

2019年6月13日付のニュースで、中東のホルムズ海峡付近で日本の輸送関係企業「国華産業」のタンカーが攻撃されたことが報道されましたね。

つい先日安倍首相がイランを訪問し友好関係を示したばかりのタイミングで起こった事件として国内外で話題になっています。

今回は、ハナ自身はホルムズ海峡ってどこなの?と思ってしまったため、ホルムズ海峡の場所地図タンカー攻撃の現在の状況についてまとめました。

Sponsored

犯人,アメリカ,サウジアラビア,イラン,日本,ハメられた,ホルムズ海峡,地図,どこ,場所,どこの国,戦争,閉鎖,日本,自衛隊,海賊,タンカー攻撃,イラン,アメリカ,トランプ,国華産業,オマーン,ドバイ,石油,ポンペイオ国務長官,ハメネイ師,国華産業
タンカー攻撃の犯人はアメリカ!?可能性のある国・組織まとめ(根拠動画あり)こんにちは、ハナです♪ 日本企業・国華産業が中東のホルムズ海峡で攻撃を受けたという衝撃のニュースが報道されましたね。 今のところ声明...

【地図】ホルムズ海峡の場所はどこ?

ホルムズ海峡,地図,どこ,場所,どこの国,戦争,閉鎖,日本,自衛隊,海賊,タンカー攻撃,イラン,アメリカ,トランプ,国華産業,オマーン,ドバイ,石油,ポンペイオ国務長官,ハメネイ師,ホルムズ海峡
(右がイラン左がアラビア半島)
引用:ワールドジオグラフィック

今回国華産業(こくか・さんぎょう)のタンカーが攻撃された、ホルムズ海峡は、北はイラン、南はドバイを始めとするアラビア半島に挟まれた、中東のペルシャ湾とオマーン湾間の狭い海峡のことを指します。

幅は一番狭い場所で33km、深さは75mから100m程で、写真からも岸同士が非常に近いことがわかりますね。

世界に流通する石油の20%がこのホルムズ海峡を通って運輸されることから、政治的にも経済的にも昔から重要なエリアとされてきました。

ハナ
ハナ
写真を見るとイラン側もドバイ側も砂漠のようなエリアにみえますね!

Sponsored

タンカー攻撃を受けたのは日本の国華産業

ホルムズ海峡,地図,どこ,場所,どこの国,戦争,閉鎖,日本,自衛隊,海賊,タンカー攻撃,イラン,アメリカ,トランプ,国華産業,オマーン,ドバイ,石油,ポンペイオ国務長官,ハメネイ師,国華産業引用:国華産業株式会社公式HPより

国華産業について

国華産業株式会社(こくかさんぎょう・かぶしきがいしゃ)

設 立:1947年(昭和22年)3月3日
資本金:1億円
従業員数:99名(2016年6月現在・含関連会社)
本社:東京都千代田区
営業内容:海上運送業/貨物利用運送業/商事業

国華産業は主に特殊化学物質を海運輸送する日本企業で、国内外で12隻の船を所有しています。

Sponsored

タンカー攻撃とは?

ホルムズ海峡,地図,どこ,場所,どこの国,戦争,閉鎖,日本,自衛隊,海賊,タンカー攻撃,イラン,アメリカ,トランプ,国華産業,オマーン,ドバイ,石油,ポンペイオ国務長官,ハメネイ師,

2019年6月13日に攻撃を受けたのはメタノールを輸送していたケミカルタンカー「KOKUKA Courageous(こくか・カレッジアス)」という船舶で、日本時間正午と午後3時頃の2度攻撃を受けました。

※Courageousとは「勇敢な」という意味の英語

日本企業ではあるものの、船籍自体は南米のパナマで、船上にはパナマ旗を掲げていました。

日本人船員はおらず、乗組員1名が軽い怪我を負ったとのことです。

ハナ
ハナ
パナマの国旗が掲揚されていたにも関わらず、日本企業のタンカーだとわかって攻撃したのでしょうか・・・?
真相は不明のままですが、早く調査が進むとともに、安全性が確保されることを祈るばかりです。。

タンカーの現在の状況

乗組員避難後も、イランとアメリカの協力により消火活動が行われ、沈没の心配はないとのことです。

また攻撃は魚雷ではなく飛来物が着弾したことを乗組員が目撃したとの情報があったことから、海賊の仕業ではないと考えられています。

東京の海運会社「国華産業」の堅田豊社長は14日、本社で記者会見し、イラン沖のホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーについて「状態は安定しており、沈没の可能性はない」と明らかにした。タンカーはアラブ首長国連邦に向かってえい航中。乗組員全員が戻り、予備電源は復旧しているという。貨物や燃料の損失もないとしている。(引用:共同通信)

ハナ
ハナ
狭い海峡とはいえ、特殊化学物質を輸送中に攻撃を受けるだなんて、とっても怖いですよね。。
乗員の皆さんが助かってよかったです。。

Sponsored

アメリカがイランを批判?犯人は不明

事件を受け、国連安全保障理事会が緊急会合を開き「攻撃は国際法違反」との意見で一致したことを発表しました。

その動きの中で、アメリカのポンペオ国務長官が「イランが攻撃に関与している」と批判したものの、具体的な証拠は提示していません。

イラン側は当然断固否定していますので、イランとアメリカの対立はさらに深くなってしまいました。。

ハナ
ハナ
日本政府は慎重に調査を進めるとしながら、詳細がわかるまでは発表は控えるとのコメントがあったようです。

なんにしても大惨事とならなかったのが不幸中の幸いですね。。。

Sponsored

タンカー攻撃を巡る世の中の反応

ハナ
ハナ
イランを批判しているアメリカが裏で操っているのでは・・?と疑う意見がところどころに見受けられますね。
真相がわかる日は来るのでしょうか・・・・?

Sponsored

まとめ

今回は国華産業のタンカーが攻撃を受けたホルムズ海峡の場所や地図や、タンカー攻撃の現在の状況についてまとめました。

中東問題は未だに複雑で、地理的に日本から離れていることもありなかなか身近な存在とは言えませんが、石油高騰にともなうガソリンの値上げなどは私たち日本人にも関係してくる問題ですよね。

今回死傷者は出なかったようですが、緊張状態は続くとみられます。

今後の動向に注目していきたいと思います。

犯人,アメリカ,サウジアラビア,イラン,日本,ハメられた,ホルムズ海峡,地図,どこ,場所,どこの国,戦争,閉鎖,日本,自衛隊,海賊,タンカー攻撃,イラン,アメリカ,トランプ,国華産業,オマーン,ドバイ,石油,ポンペイオ国務長官,ハメネイ師,国華産業
タンカー攻撃の犯人はアメリカ!?可能性のある国・組織まとめ(根拠動画あり)こんにちは、ハナです♪ 日本企業・国華産業が中東のホルムズ海峡で攻撃を受けたという衝撃のニュースが報道されましたね。 今のところ声明...
香港,デモ,逃亡犯条例,起こっている理由,なぜ,なんで,わかりやすく,解説,図解,中国,台湾,対立,天安門事件,100万人,200万人,機動隊,香港警察,林鄭月娥行政長官,引き渡し,場所,地図,いつまで
【地図】香港デモ2019の場所はどこ?いつまで続くの?現場の様子まとめこんにちは、ハナです。 2019年6月上旬から始まった香港中心部での大規模デモが激化していますね。。 ツイッターでは機動隊が...
香港,デモ,逃亡犯条例,一国二制度,起こっている理由,なぜ,なんで,わかりやすく,解説,図解,中国,台湾,対立,天安門事件,100万人,200万人,機動隊,香港警察,林鄭月娥行政長官,引き渡し,協定
香港デモ2019の内容や理由をわかりやすく図で解説!逃亡犯条例・一国二制度とは?2019年6月12日付のニュースで、香港の100万人を超える大規模デモに催涙弾が投げ込まれ、若者19人が逮捕されたという記事がありました...
[Ad]