Media Sunshine
ニュース・話題

【比較】新型肺炎コロナとインフルエンザはどっちが怖い?致死率・感染率で危険性調査!

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方

世界中で大騒ぎになっている新型肺炎コロナウィルスが日に日に感染者数が倍増していて怖いと感じる人も多いと思います。

日本には毎年冬になるとインフルエンザが流行し、死者も出ますよね。

そこで、新型肺炎コロナウィルスとインフルエンザはどちらが危険性が高く怖いのか?

感染力や致死率のデータをもとに比較しました。

新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院
【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)世界中で感染が止まらない新型肺炎コロナウィルス。 2020年5月9日時点で世界の感染者数が390万7,055人を超え、死者数は27...
新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院,使い方,見方,簡単解説,わかりやすく,英語,和訳
【新型コロナウィルス】感染状況分布図の見方&使い方をわかりやすく解説中国・武漢市から爆発的に感染が広がっている新型肺炎コロナウィルスの脅威が恐ろしいですね・・。 こちら▼の記事でリアルタイムで世界各...
新型肺炎,新型コロナウィルス,日本,感染者,どこ,どこまで,神奈川県,北海道,東京,2人目,3人目,国際感染研究センター,新宿,病院,入院,感染,中国人,中国,武漢市,詳細,厚生労働省,空港,旅行,発熱,最新
7月17日更新 新型肺炎コロナ感染者数(日本)は2万2890人!都道府県別一覧もついに緊急事態宣言が発令された新型肺炎コロナウィルス。 日本国内で合計2万2,890人の感染者数となりました。 この記事では...
新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,
【WHO】緊急事態宣言はいつ以来?いつまで?発令の決定理由もまとめ【新型肺炎コロナウィルス2020年】2020年1月31日についに新型肺炎コロナウィルスについて緊急事態宣言が発動されました。 WHOが緊急事態宣言を発令することはまれ...

新型肺炎コロナとインフルエンザはどっちが怖くて危険?特徴まとめ

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方引用:Twitter

新型コロナウィルスとインフルエンザはどちらが怖いのか?

危険性について比較しました。

新型肺炎コロナウィルスとは?特徴や傾向を簡単まとめ

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方中国で確認された新型肺炎コロナウィルス
引用:Twitter

一般的に新型肺炎コロナウィルスと呼ばれていますが、正しくは「新型コロナウィルスによって引き起こされる肺炎」といえます。

要は今までになかった新しいコロナウィルスが見つかったということ。

新しいウィルスのためまだ不確実なことが多いのが現状です。

2019年12月中旬頃から中国・武漢市で広がり出し、アジアだけでなく欧米・ヨーロッパ各国にまで広がっています。

なお、2002年に大流行したSARS(サーズ)や2012年に韓国を中心に広がったMERS(メーズ)も同じコロナウィルスの一種でした。

今回中国武漢市で2019年12月にウィルスが発見された時にSARSのコロナウィルスに似ていたことから「新型コロナウィルス」と言われるようになったそうです。

▼新型肺炎コロナウィルスの特徴(今の時点で)▼

・2002年に大流行したSARS(サーズ)や2012年に韓国を中心に広がったMERS(メーズ)も同じコロナウィルスの一種
・濃厚接触から感染することは確実
・空気感染のような広く空間一体で感染するものではないと考えられている
・重傷者は高齢者や持病を持った人が多い

感染は濃厚接触であることは確実で、近接した距離に一定時間いた方についてはリスクが高いわけですが、空気感染のような広い空間全体に広がるものではなさそうです。
飛まつ感染。距離として1mから2mの間隔でインフルエンザのようにうつるかということについては、まだ確定がされておりません。
また感染力。
(中略)
重症者については、高齢者であったり、基礎疾患、つまりもともと何か持病のある方がリスクが高いということも分かってきております。(引用:NHK解説委員会)

新型肺炎コロナウィルスの感染状況・リアルタイム分布図は▼コチラ

新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院
【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)世界中で感染が止まらない新型肺炎コロナウィルス。 2020年5月9日時点で世界の感染者数が390万7,055人を超え、死者数は27...

インフルエンザとは?特徴や傾向を簡単まとめ

新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院

一方インフルエンザは一般的に

・季節性インフルエンザ
・新型インフルエンザ

と言われ、季節性インフルエンザは毎年冬に流行。

なお、新型インフルエンザは何十年かに一度季節性インフルエンザとは違う毒性の強いウィルスが突発的にいつも以上に大流行します。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方突発的な新型インフルエンザの歴史
Wikipediaより

今回は毎年流行る季節性インフルエンザに焦点を当てて比較していきます。

季節性インフルエンザにはワクチン(特効薬)がある

季節性インフルエンザは毎年のことで、予防のためにワクチン接種をする方もいますよね。

(予防注射を受けたとしても、効かない場合もあるというのは知られた話ですが。)

インフルエンザウィルスは毎年少しずつ変異する性質を持っています。

その為、事前に作られたワクチンが完全にウィルスに適応できない場合もその年によって変わってきます。

だからこそウィルスが無くなることはなく、毎年流行するのですね。

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の3種類が知られていますが、人の間で流行するのは主にA型とB型です。
A型は、特に遺伝子変異が起こりやすく、人に抗体ができても、少しずつ変異して、新たな感染源となって毎年流行を繰り返します
(引用:インフルエンザの怖さ!東京大学医学教育国際協力研究センター・北村聖教授)



【比較】新型肺炎コロナとインフルエンザはどっちが怖くて危険?(感染力・致死率調査)

特徴をまとめたとこどで、新型肺炎コロナウィルスとインフルエンザ菌はどちらが危険性が高く怖いのか?

次項で比較してみました。

新型コロナVSインフルエンザ【感染力比較】

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方引用:Yahooニュース

まずは「感染力=感染者(人)から人へのうつりやすさ」について「基本再生産数」をもとに比較してみます。

●基本再生産数とは

世界保健機関(WHO)が感染力を示す時に使っている指標のことで

・ウイルスなどがどれくらい多くの人に感染しうるか
・1人の感染者から平均で何人にうつっているか

を示す数値のこと。

新型肺炎コロナウィルスの基本再生産数は1.4〜5.5?

世界保健機関(WHO)によると新型肺炎コロナウィルスの基本再生産数は1.4〜2.5と暫定的に試算されています。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方WHO公式HPより

また香港の調査チームは3.3〜5.5と公表しており、当初の推定よりも感染力がやや増してるとみられているようです。

新型肺炎コロナウィルス は一人の感染者から平均約2〜5人に感染するということになります。

WHOは先週、暫定的に1.4〜2.5としたのに対し、香港や英国のチームは3以上と推定した。公表された数値は香港理工大などのチームの推定値が3.3〜5.5、英ランカスター大などのチームの推定値が3.6〜4。中国当局は1月26日「(当初の推定よりも)感染力がやや増してる」との見解を示している。(引用:福井新聞)

インフルエンザウィルスの基本再生産数は2〜3

一方インフルエンザの基本再生産数は2〜3と言われています。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方Wikipediaより

インフルエンザウィルスは一人の感染者から平均約2〜3人に感染するということになります。

【感染力結果】新型肺炎コロナウィルスの方がインフルエンザウィルスと同等か感染力が高い

以上の数値比較により、新型肺炎コロナウィルスの方がインフルエンザウィルスよりも感染力は同等か高めであることがわかりました。

新型コロナVSインフルエンザ【致死率比較】

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方引用:Yahooニュース

続いて新型肺炎コロナウィルスとインスフエンザウィルスの致死率(どれくらいの確率で死に至るか)についてデータをもとに比較していきます。

新型肺炎コロナウィルスの致死率は2.2%

2020年1月30日の午前中の時点で世界の新型肺炎コロナウィルスの感染状況はこちら。

・感染者数 6,165人(前日は4,690人)
・死者数 133人(前日は106人)

この数字をもとに致死率(感染者数のうち死に至った割合)を単純計算計算すると約2.2%となります。

現在のところ致死率は2~3%ですから、これは、SARS、エボラあるいはMERSに比べるとはるかに低いわけですが、はしか並みあるいは、過去に発生したスペインインフルエンザ型と同程度ではないかというのが現状のところになります。(引用:NHK解説委員会)

新型肺炎コロナウィルスによる死亡者の年齢中央値は75歳

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方,比較,引用:Twitter

1月23日時点での新型コロナウイルスによる死亡者の年齢の中央値は75歳と公表されています。

要は死亡した感染者の平均年齢が75歳で、高齢者が多いということ。

さらにこれらの死亡者の多くは高血圧や糖尿病、パーキンソン病などの健康問題を抱えていたこともわかっています。

ということは

・高齢で免疫力が下がっている人々
・元々なんらかの疾患を持っている人々

は新型肺炎コロナウィルスに感染した場合に健康な人に比べると致死率が上がると言えます。

インフルエンザウィルスの致死率は0.1%

英語版Wikipediaによると季節性インフルエンザの致死率は0.1%と記載があります。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方,比較,引用:太幸薬品HP

なお新型インフルエンザ(2009年)のように毒性が強いインフルエンザの場合には5〜15%の致死率に至ることもありますが、下記表のように何十年かに一度大流行するもの。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方過去の新型(変異型?)インフルエンザの歴史
Wikipediaより

(今回は毎年流行る季節性インフルエンザを対象に比較しています。)

【致死率結果】新型肺炎コロナウィルスの方がインフルエンザウィルスよりも致死率が高い

以上、致死率の数値比較により、今のところ新型肺炎コロナウィルスの方がインフルエンザウィルスよりも致死率が高いことがわかりました。

Sponsored

【結論】新型肺炎コロナウィルスの方がインフルエンザよりも怖くて危険

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方,比較,引用:Yahooニュース

少なくとも上記の感染率・致死率の過去データをもとに考えれば季節性インフルエンザよりも新型肺炎コロナの方が季節性危険性が高いのは否めないようです。

一番の違いはワクチン・特効薬の有無

とはいえ一番大きな違いは新型肺炎コロナウィルスは有効なワクチン(特効薬)がまだないということでしょう。

上記の結果より、インフルエンザも感染者から他人にうつしてしまう可能性(感染力)は新型肺炎コロナとほぼ同等に近いわけです。

<1人の感染者からうつる平均人数>

新型肺炎コロナウィルス 1.4〜2.5人(3.5〜5.5人)
季節性インフルエンザ 2〜3人

ただ季節性インフルエンザウィルスには比較的有効なワクチンがあることで、感染してもワクチンの力をかりて自身の免疫力で回復することができます。

新型肺炎コロナウィルスの場合は効くワクチンが今の所ないため、免疫力が低い高齢者や持病を持っている方は新型コロナウィルスに対抗しきれずに死に至る確率が上がってしまうということになります。

実際、新型肺炎コロナウィルスに感染して回復した人も126名(2020年1月30日現在)います。

彼らは自らの免疫力のみで新型肺炎コロナウィルスに対抗できたということになります。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方,比較,2020年1月30日現在で感染後に回復した人数は126人
新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院
【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)世界中で感染が止まらない新型肺炎コロナウィルス。 2020年5月9日時点で世界の感染者数が390万7,055人を超え、死者数は27...

【予防】一人一人ができることは?

危険性があるとはいえ、何においてもまずは「感染しない」ように予防することしかできませんよね。

というのはインフルエンザと全く同じです。

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方,比較,

新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方,比較,

・正しくマスクをする
・うがい手洗いをこまめにする
・人ごみに場にはなるべく行かない
・規則正しい生活&健康を心がけて免疫力を上げる(保つ)
・ストレスや疲れを溜めないようにコントロールする
・よく寝る

をめんどくさがらずに心がけたいものですね。

新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院
【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)世界中で感染が止まらない新型肺炎コロナウィルス。 2020年5月9日時点で世界の感染者数が390万7,055人を超え、死者数は27...
新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院,使い方,見方,簡単解説,わかりやすく,英語,和訳
【新型コロナウィルス】感染状況分布図の見方&使い方をわかりやすく解説中国・武漢市から爆発的に感染が広がっている新型肺炎コロナウィルスの脅威が恐ろしいですね・・。 こちら▼の記事でリアルタイムで世界各...
新型肺炎,新型コロナウィルス,日本,感染者,どこ,どこまで,神奈川県,北海道,東京,2人目,3人目,国際感染研究センター,新宿,病院,入院,感染,中国人,中国,武漢市,詳細,厚生労働省,空港,旅行,発熱,最新
7月17日更新 新型肺炎コロナ感染者数(日本)は2万2890人!都道府県別一覧もついに緊急事態宣言が発令された新型肺炎コロナウィルス。 日本国内で合計2万2,890人の感染者数となりました。 この記事では...
新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,
【WHO】緊急事態宣言はいつ以来?いつまで?発令の決定理由もまとめ【新型肺炎コロナウィルス2020年】2020年1月31日についに新型肺炎コロナウィルスについて緊急事態宣言が発動されました。 WHOが緊急事態宣言を発令することはまれ...
こちらもよく読まれています
error: Content is protected !!