Media Sunshine
ニュース・話題

【WHO】緊急事態宣言はいつ以来?いつまで?発令の決定理由もまとめ【新型肺炎コロナウィルス2020年】

新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,

2020年1月31日についに新型肺炎コロナウィルスについて緊急事態宣言が発動されました。

WHOが緊急事態宣言を発令することはまれだそうですが、一体いつ以来のことなのでしょうか?

またこの緊急事態宣言はいつまで続くのでしょうか?

WHOが新型肺炎コロナウィルスについて緊急事態宣言の発令決定した理由もまとめました。

新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院
【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)世界中で感染が止まらない新型肺炎コロナウィルス。 2020年5月9日時点で世界の感染者数が390万7,055人を超え、死者数は27...
新型肺炎,新型コロナウィルス,日本,感染者,どこ,どこまで,神奈川県,北海道,東京,2人目,3人目,国際感染研究センター,新宿,病院,入院,感染,中国人,中国,武漢市,詳細,厚生労働省,空港,旅行,発熱,最新
5月9日更新 新型肺炎コロナ感染者数(日本)は1万6243人!都道府県別一覧もついに緊急事態宣言が発令された新型肺炎コロナウィルス。 日本国内で合計1万6,243人(国内15,547人、ダイヤモンドプリンセス...
新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方
【比較】新型肺炎コロナとインフルエンザはどっちが怖い?致死率・感染率で危険性調査!世界中で大騒ぎになっている新型肺炎コロナウィルスが日に日に感染者数が倍増していて怖いと感じる人も多いと思います。 日本には毎年冬に...
新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院,使い方,見方,簡単解説,わかりやすく,英語,和訳
【新型コロナウィルス】感染状況分布図の見方&使い方をわかりやすく解説中国・武漢市から爆発的に感染が広がっている新型肺炎コロナウィルスの脅威が恐ろしいですね・・。 こちら▼の記事でリアルタイムで世界各...

【WHO】新型肺炎コロナウィルスの緊急事態宣言はいつ以来で何回目?

新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,過去,事例,,マスク引用:Yahooニュース

WHOが前回「緊急事態宣言」を発令したのは2019年7月。

コンゴ民主共和国で発生したエボラ出血熱についてでした。

その前は2016年2月に南米で発生したジカ熱で緊急事態宣言が発令されています。

今回中国武漢市から発生した新型肺炎コロナウィルスの緊急事態宣言は、通算6例目となります。

新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,過去,事例,過去にWHOが発令した緊急事態宣言
引用:国連大学ウェブマガジン
●緊急事態宣言とは

非常事態宣言(ひじょうじたいせんげん)は災害や公衆衛生などで、国家や組織の運営危機に対して、緊急事態のために政府が特別法を発動すること。
対象はになるのは主に武力攻撃、内乱、暴動、テロ、大規模な災害、疫病など。
各国政府が発動することはあってもWHOが緊急事態宣言を発動することは珍しい

緊急事態は、感染が国境を越えて広がり、感染拡大防止に国際的な対応が必要な場合に、専門家委の判断を踏まえWHOの事務局長が宣言する。
緊急事態宣言は、アフリカのコンゴ民主共和国で発生したエボラ出血熱について昨年7月に出されて以来、6例目。(引用:朝日新聞)



【WHO】緊急事態宣言はいつまで有効?

新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,過去,事例,,マスク2020年1月31日WHOが緊急事態宣言を発令
引用:AFP通信

緊急事態宣言は明確にいつからいつまでと明言はされていませんでした。

確かに疫病に関する緊急事態宣言はいつ収束するか今の時点では全く読めませんよね。

「緊急事態の対応が必要性がなくなったときに、緊急事態宣言の解除がされる」という認識のようです。

ただ2003年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行りだしてから収束するまで半年はかかっています。

今回の新型肺炎コロナウィルスについても半年、2020年7月頃までは続く可能性がありそうです。



WHOが新型肺炎コロナウィルスの緊急事態宣言を発令した理由は中国ではなかった

新型肺炎,コロナウィルス ,新型コロナウィルス,中国武漢市,緊急事態宣言,WHO,緊急事態宣言とは,いつ以来,いつから,いつまで,決定理由,世界,分布,スイス,ジュネーブ,医療体制,東南アジア,日本,感染者,感染,感染方法,感染経路,拡大,過去,事例,,マスク引用:AFP通信

今回WHOが新型肺炎コロナウィルスの緊急事態宣言を発令した理由は中国よりも外国で感染が広がっていることが原因でした。

WHOはさらに「医療体制が整っていない国」にウィルスが広がることを恐れているとも言及。

日本でも中国武漢市に渡航歴がない人が「感染者から感染」したことが確認。

「ヒトからヒト」への感染が認められた以上、世界各国で爆発的にウィルスが蔓延してしまうことを恐れた判断と言えますね。

30日夜(日本時間31日未明)に記者会見したテドロス・アダノム事務局長は、中国国外での感染例や、感染が確認された国が増えていると指摘。「中国国内ではなく、国外の状況を見て判断した」と宣言した理由について述べた。一方、人の移動や貿易の制限は、WHOとして勧告はしないとしている。(引用:朝日新聞)

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はスイス・ジュネーブで開いた記者会見で、「われわれの最大の懸念は、ウイルスが医療体制の脆弱(ぜいじゃく)な国々に広がる恐れだ」とし、「これは中国に対する不信任投票ではない」と述べた。(引用:AFP通信)

新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院
【感染マップ5/9最新】新型肺炎コロナウィルス世界の感染人数リアルタイム一覧(分布図)世界中で感染が止まらない新型肺炎コロナウィルス。 2020年5月9日時点で世界の感染者数が390万7,055人を超え、死者数は27...
新型肺炎,新型コロナウィルス,日本,感染者,どこ,どこまで,神奈川県,北海道,東京,2人目,3人目,国際感染研究センター,新宿,病院,入院,感染,中国人,中国,武漢市,詳細,厚生労働省,空港,旅行,発熱,最新
5月9日更新 新型肺炎コロナ感染者数(日本)は1万6243人!都道府県別一覧もついに緊急事態宣言が発令された新型肺炎コロナウィルス。 日本国内で合計1万6,243人(国内15,547人、ダイヤモンドプリンセス...
新型コロナ,新型肺炎,ウィルス,どっち,怖い,危険,予防,症状,感染者,感染状況,地図,マップ,リアルタイム,いつまで,いつから,どこから,どこまで,新型コロナ,ウィルス,SARS,MERS,基本再生産数,感染率,致死率,死亡率,世界,日本,季節性,データ,予防法,マスクの正しい付け方
【比較】新型肺炎コロナとインフルエンザはどっちが怖い?致死率・感染率で危険性調査!世界中で大騒ぎになっている新型肺炎コロナウィルスが日に日に感染者数が倍増していて怖いと感じる人も多いと思います。 日本には毎年冬に...
新型肺炎,新型コロナウィルス,リアルタイム,感染者数,感染国,一覧,世界,地図,マップ,使い方,画像,状況,最新,2020年,中国,武漢市,日本,アメリカ,フランス,ネパール,オーストラリア,タイ,ベトナム,フィリピン,シンガポール,マレーシア,韓国,分布,死者数,警戒レベル,旅行,空港,観光客,検疫,症状,発熱,咳,無症状,病院,使い方,見方,簡単解説,わかりやすく,英語,和訳
【新型コロナウィルス】感染状況分布図の見方&使い方をわかりやすく解説中国・武漢市から爆発的に感染が広がっている新型肺炎コロナウィルスの脅威が恐ろしいですね・・。 こちら▼の記事でリアルタイムで世界各...
こちらもよく読まれています
error: Content is protected !!