Media Sunshine
女優・俳優・モデル

水原希子が嫌われる理由は反日発言のせい?国籍はアメリカで韓国とのハーフだった!

水原希子が嫌われる理由は反日だから?叩かれる3つの理由と国籍や日本人感炎上まとめ

人気モデル・タレントとして活躍されている水原希子(みずはら きこ)さん

若い世代から憧れられる存在である一方で

「日本人じゃないのに日本人感を出している。」
「日本人を見下すような発言や行動をする。」

という見方が多くの人に広まり、一部からはかなり嫌われている様子・・。

大炎上の発端となったTwitter投稿や水原希子さんの反日発言、本当の国籍はどこなのか?詳しいプロフィールまでまとめていきたいと思います。



水原希子はなぜ嫌われる?!「日本人感」で炎上したワケ

2020年6月に入り人種差別を批判する抗議活動が世界中で激化する中、多様性を重んじる水原希子さんが大炎上してしまいました。

事の発端は2020年6月17日のあるTwitterユーザーから投稿でした。

「水原希子、て日本国籍じゃないんだよね? これ以上何かやるなら日本人感を出すのをやめてほしいと思う。毎度、私が日本の女性の代表感出すのが言ってることの是非でなく国籍的に引っかかることしかない」

出典:スポーツ報知

この投稿に対し水原希子さんはこのように反論したのです。

水原希子が反論した日本人感の発端となったツイッター投稿画像

実は水原希子さんは日本国籍ではなくアメリカ国籍で、「水原希子」っというのは芸名なのです。

ただ国籍はどうあれ、水原希子さんは日本育ちなので心は日本人なのかもしれません。

とはいえ、水原希子さんの行動があまり日本人女性らしくないのに、日本人名で活動していることを良く思わない人も少なからずいるようです。。

一部では水原希子さんが「反日発言」をしたと言われることも・・・。

中にはこんな投稿もありました。

https://twitter.com/HappyReiwaArata/status/1272660924692717568

たしかに和室の机の上に乗ったり、お座敷に土足は、モデルとして表現の一環と言われても、日本人なら抵抗を覚えることもあるかもしれませんね・・。

お座敷に土足で撮影をする水原希子の画像引用:Twitter

ルッキズムとは、身体的に魅力的でないと考えられる人々に対する差別的取り扱いのこと。



水原希子が嫌われる理由は?反日発言をした噂とは?

とはいえ、個人の表現には「自由」というものがありますから、それだけで水原希子さんがそこまで嫌われたり「反日」と言われるのは少し疑問が残ります。

なぜ水原希子さんは日本人の間でそこまで嫌われるのでしょうか?

結論から言うと、水原希子のさんは嫌われるというよりは

国籍にとらわれず自分も偽らずに多様性を重んじた忖度ない発信を続けるので、賛同できない人が執拗に叩くだけ

というところではないでしょうか?

次項で水原希子さんは具体的に何をしたのか?

本当に反日発言をしたのでしょうか?

水原希子さんが嫌われる理由と思われる内容についてまとめました。


水原希子が嫌われる理由 ①「反日発言」謝罪動画の誤解

水原希子さんは、過去に中国版動画サイトで「反日発言をした」と批判されたことがあります。

結論としてそれは誤解だったのですが、未だにそのイメージが残っている可能性があります。

元々の出来事の発端は2013年頃に水原希子さんがSNSで

(1)靖国神社に参拝した写真を掲載
(2)旭日旗の前でポーズを取った写真を掲載
(3)インスタグラム上で天安門に中指を立てる写真に「いいね!」をした

ということを中国人ユーザーに批判されてしまったこと。

それを受けて水原希子さん自身が2016年に中国の動画サイトに謝罪動画を掲載したのですが、その際に

「日本人じゃないから許して」

と、「反日発言」と捉えられる内容を話したというデマが流れてしまったのですね。

とはいえ、これが「反日発言」行為に当たるかと言えば、疑問は残るところです。

結局水原希子さんが日本人の名前を使うことをよく思わない人が意外と多いということなのでしょう。。

問題の動画↓

「2013年、水原は天安門に向けて中指を立てた中国の現代美術家の写真作品に対して、自身のInstagramで『いいね!』を押したことから中国で猛批判を浴びた。バッシングが長らく続いたことで昨年7月に中国版Twitter『微博』に釈明動画を投稿したのですが、そのなかで彼女は『私の父はアメリカ人で、母は日本で生まれた韓国人です』とわざわざ出自を強調したのです。これが『日本人じゃないから許してほしい』という意味合いに捉えられ、今度は日本で『だったら何で日本名を使ってるんだ』などと批判された。この時から『都合よく人種を使い分けている』というイメージが強まり、今回の炎上騒動につながってしまったのでしょう」
(中略)
ネット掲示板「2ちゃんねる」の創設者として知られる「ひろゆき」こと西村博之さん(40)が17年9月19日のブログで、「水原希子さんが『日本人じゃないから許してほしい』と1年前に言ったとか流れてますが、『日本人ではない』とは一言も言ってないですね。そもそも、『日本人』という単語すら動画の中では使ってないです」と指摘している。さらにブログでは、「政治的やら思想的やらで訴えたいことがあるあまりに、言ってないことをねつ造して触れ回る人が見受けられる」との苦言も呈していた。

出典:exciteニュース

結局「日本人じゃない」とは言ってないですが、そのように受け取れる発言をしてしまったということは否めないかもしれませんね・・。

とはいえ、水原希子さんが「反日発言をした」というのは、やはりデマ。

言ってないことを「言った」と捏造してまで重箱の隅をつつきたい水原希子アンチによる単なる批判であるという説が有力そうです。

水原希子が嫌われる理由 ②国籍は日本じゃないのに名前が日本人だから?

多くの方がすでにご存じかもしれませんが「水原希子」というのは芸名です。

雑誌「セブンティーン」でモデルデビューした当初はダニエル紀子として活動しています。

水原希子の13歳の時はダニエル紀子として活動していた雑誌の画像引用:Naver

本名は「オードリー・ダニエル・キコ」と言って、アメリカ国籍を持っています。

なぜわざわざ日本人名をつけて芸能活動をしているのか?というと

・「ダニエル」っという名前は男っぽいイメージだから使いたくないのでは?
・ハーフを売りにせずに芸能活動をしていくという事務所の戦略では?

という見解がありますが、いずれも憶測の域は出ません。

なお水原希子さんが「ハーフ」であることを肯定的に見られるようになったのは、モデルになってからだそうです。

「何があっても自分の個性を大切にする。」という考えができてきたからだといいます。

水原希子さんも、ハーフであることで小さい時は辛い思いをした経験があるのかもしれませんね。

水原希子が嫌われる理由 ③アートな感性?

水原希子さんが嫌われる理由の一つは日本人らしからず奇抜な「アートな感性」かもしれません。

例えば2015年11月に発売された雑誌「GLITTER」の表紙をこのような恰好▼で飾っています。

この水原希子さんが掲載されたGLITTERの表紙について、ネット上で多くの批判の声が挙がったといいます。

この彼女の表紙が公開されると、ネット上では「うさぎは胸もあるし、おしりもデカい。耳だけ付けて胸も尻もないバニー」「笑い狙ってんのか、この表紙」「ただの変態やないか」「まな板レベルの胸を見せられてもな」「これだけ見ると、外人と大麻パーティー開いてそうなやばいヤツ」
(中略)
水原は、今までにも、自身のInstagramや、雑誌、ドラマなどで鼻ピアス、胸ポチ、自分ではない人の股間アップ、さらには口から虹色の吐瀉物を吐き出す画像を掲載するなどし、事あるごとにバッシングを受けていた。

出典:exciteニュース

だいぶ散々ないわれようですよね・・。

確かに一部の行動はちょっと一般人には共感しにくいものかもしれません。

そのような水原希子さんの行動発言については、下記のようの報じられていました。

「彼女は、アメリカ人の父親と韓国人の母親のハーフとして生まれ、海外生活も長い。そのため、日本人が美とする対象と彼女自身が美と感じるものに差があるのではないでしょうか。また、水原は韓国内外での人気グループ『BIGBANG』のG-DRAGONとの熱愛が囁かれている。仕事では自身の価値観を貫きつつ、プライベートも人気歌手と熱愛中。公私ともに上手くいっているとあれば、G-DRAGONのファン以外からでも鼻につくと見られてしまいがちなのかもしれませんね」(芸能ライター)

出典:exciteニュース

要は、バックグラウンドの違いによって「美しい」と感じる感性もかなり違うということでしょう。

結局のところファッションの傾向や考え方などは個人の趣向によるものですから、好きな人もいれば嫌いな人もいるのは仕方のないところですね。



水原希子の国籍はアメリカで母親は在日韓国人だった

さて度々「日本人じゃない」と取り沙汰されている水原希子さん。

水原希子さんの国籍はアメリカなのですが、どこのハーフなの?と気になるところですよね。

その結論は

・父親がアメリカ人
・母親が在日韓国人

です。

▼水原希子プロフィール

本名:オードリー・ダニエル・キコ
芸名:水原希子
国籍:アメリカ合衆国
出身地:アメリカテキサス州ダラス
血液型:A型
身長:168㎝
スリーアイズ:75-60-85cm
デビュー:2003年ー
ジャンル:ファッションモデル・女優
所属事務所:LDH(2007年 – 2010年)
エイジアクロス(2010年 – 2018年)
OFFICE KIKO(2018年 – )

水原希子さんの母親は日本生まれの在日韓国人で、若い時にアメリカ航空でCAをやっていたそうです。

そこで水原希子さんのお父さんと出会い結婚してアメリカに移住。

アメリカで生まれた子供は自動的にアメリカ国籍が取得できるので希子さんはアメリカ国籍なんですね!

(アメリカ国籍を持っているとアメリカで仕事がしやすいというメリットもあります。)

アメリカで生まれた水原希子さんは、2歳の時に日本に移住しています。

その後水原希子さんが11歳の時に両親が離婚して以来、水原希子さんはずっと日本の母親のもとで育ったそうです。

水原希子さんの母親の実家は長崎で、そこには水原希子さんの祖母も住んでいるそうです。

非常に仲の良い母娘だそうです!

父親はすでにアメリカに戻っているそうですが、希子さんとの仲は良好だといいます。



水原希子が嫌われる理由 結論・水原希子は反日発言してない!

こうやって見ていくと、水原希子さんは日本国籍の方ではありませんが、決して「反日発言」をしたわけでもなく、自分を自由に表現し、発言しているだけっということではないでしょうか?

というのも水原希子さんが芸能活動を始めたときに、

「どんな行動をしても批判する人は必ずいるから、ありのままの自分を貫いていきなさい」

というアドバイスをもらったそうで、その通りに活動しているだけでではないかと思います。

色々物議醸す彼女の写真も「多様性があっていい」というメッセージを発信したいだけかもしれませんね!

個性的であると批判も浴びやすいですが、批判を受けているということはそれだけ活躍をしているということでしょう。

今後も水原希子さんの活躍から目が離せません!

こちらもよく読まれています
error: Content is protected !!